ギブ&テイク?ギブ&ギブ?

この記事は2分で読めます

【~初めて、当ブログにお越し頂いた方は、こちらをご覧ください~】

どうも、トモくんです。

先日、こんな記事を書きましたが、その翌日に仕事から帰ると、リビングのテーブルに写真の物が置かれていました。

中には、ハロウィンのクッキーが入っていました。

ユミちゃん曰く、
『買い物に行った時に、たぽちゃんが選んで、自分で勝手に書いたんだよ〜。きっと昨日、あんな記事書いたからだね♪』

恐るべし、シンクロの力…

不意打ちサプライズに、思わずニンマリな僕(笑)

既に、たぽちゃんは眠りについていたので、寝ている耳元で『ありがとう』を伝えました。

(因みに、たぽちゃんが先に寝てしまっている時は、必ず寝顔を見ながら、「ありがとう」と「愛している」を言います)

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

さて、前回の記事の続きの様な感じですが…

よく、自己啓発系の本やセミナーの中で、ギブ&テイクでなく、ギブ&ギブになりなさい…的な事が言われますよね。

で、今回のたぽちゃんからのサプライズを通して、『さて、どっちなんだろう?』と思った訳です。

子供の喜ぶ様な事を企んで、実行。すると、子供からもサプライズが返ってきて…
勿論、何かで返して欲しくてやっているつもりでは無いけど、返ってくると嬉しいから、また次の事を考える。

ギブ&ギブで相手から何も返ってこなければ、それはそれで寂しい感じがするし…

でも、見返り期待的な思いでやったら、相手もそんな想いでやってくるだろうし…
(子供なら、オモチャをオネダリするとか)

…こんな問答を頭の中で、繰り返す僕(笑)

そして、気が付いた事。

それは…

『ギブ』とか『テイク』とかよりも、自分がやりたいかどうか』。
これに尽きるな…と思いました。

子供を見ていると余計にそう思うのですが、自分のやりたい事、したいと思った事を純粋にやっていますよね。

そこには、何の駆け引きも企みもない。

相手に何かをしたいと思った事を純粋にやって、受けた側も純粋に受け取れるといいですよね。
(ただ、相手が喜ぶことを真剣に考える必要はあるけどね。)

さて、たぽちゃんにもどうやってサプライズ返ししようかな(笑)

では今日は、この辺で~♪

 

PS
昨日は、秋休み中のたぽちゃんがユミちゃんと一緒に僕の職場まで来てくれました。

で、焼肉ランチ
img_0482
お腹も心も大満足!
美味しかった〜♪

poi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 08.20

    【お知らせ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

佐藤友美子