私の初の試み。性の話。

この記事は5分で読めます

今日は”引き寄せの法則”の本と出会い、
私の中で一番大きな変化があったことを書いてみます。

大きな変化とは、心の変化のこと。

この話題については、
このブログでは初の試みなんだけど、

今日は朝から、これについて書きたい!!
という衝動が起きているので、その声に従うことに^^

さて・・・

ふー

では・・・

いきます 笑

「理想のパートナーと引き寄せの法則」

本屋さんで私がこの本を手にして
もっとも興味があった箇所は実はここでした!

「セクシャリティと引き寄せの法則」

(‘-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*)

・次の話題はセ ックス、セクシャリティ、感覚
・セ ックスへの恐怖が喜びを阻害する
・楽しいセ ックスと周波数を回復するには?
・究極の性的体験とは?

などなど・・・

「えっ、エイブラハムって性行為についても触れてるの?」

これがとてもとても衝撃でした。
実はここが、私がずっと抱えてきた長年の課題でもあったから。

*****

というのも、
私の中で性的な交渉って
ずっとずっとタブー視扱いのものでした。

なんでしょう・・・

恥ずかしいこと、
罪悪感、
後ろめたさ、
汚らわしい、
ふしだらな女
淫乱

うーーん、
うまく言葉にできないけれど、
とにもかくにも自分にとってザワザワとするものだった。

それもこれも
子どもの頃の自分の経験が原因だということはよーくわかっていて、
だけどなかなかこの原因に折り合いをつけることができない。

そこにプラスして母の言葉

「結婚する気もないのに、
男と女の関係になるなんて信じられない。
そんなことをするのはふしだらな女だ」

”性的な交渉をする=母に嫌われる”

という恐怖をずっと抱えて生きてきた。

なのに・・・

本当の
本当の私は
性的な交渉に対してとても興味がある。

私が男だったらなー、
大好きな女の子とガンガンやりまくれるのにー!!

と、学生時代からずっと思っていた。。。

ということは、

私、性的な交渉が大好きなんだよね。
性的な交渉を楽しみたい!と本当は思っている。

でも、私は”女だから”

性的な交渉を好きっていってはいけない、とか
性的な交渉好きはふしだらな女だ、とか
子どもができたらどうするの、とか

とにもかくにも
いろんな思考が頭の中にあって、
性的な交渉に対してかなりバリアしまくりだったのです。

で、
結婚したらね、こんなバリアもなくなると思っていた。

「結婚したら性的な交渉だってたっぷりできるし、
子どもだってできてしまっても問題ないし
結婚したら性的な交渉に対する概念も変わる!!」

って期待していた。

だけど
結婚しても、全然変わらなかった。

当然だよね、
罪悪感や後ろめたさなどの感情に
なんにも手をつけていないわけだから。

むしろ
いつでもできるから、
いつでも誘われて、

生理の日ならともかく、
それ以外の時
なんて言って断ろうか・・・と悩みが増えたわけで・・・。

大好きなパートナーと楽しみたい!
と本当の私は思っているのに、
私の思考がいつもいつも邪魔をする。

*****

あー
もうー
どうにかしたいー

最初はトモくんをコントロールしようとしたよね。

私は性的な交渉に対してこんな気持ちがあるの。
それをわかってほしい。
トモくんのことはとても大好きだから・・・と伝え、

時折、私の気分が乗った時に、
時折、お酒の力を借りて、
時折、こんな私でも求めてくれる相手がいるって幸せなことよ、と自分に言い聞かせて

性的な交渉をする。

だけどそれが時折だからさ、

性的な交渉できないなら

触るよねー
ベタベタしてくるよねー
キ スしてくるよねー

何かとスキンシップをとってくる。。。

もぉおおおおお、
そのスキンシップとかも嫌なんだよー
スキンシップをされると性的な交渉を誘われているようで嫌なんだよー

となってしまい、

挙句の果てには、
トモくんに「俺、モテるから・・・別にいいし」って言われ、
私はそんな言葉を望んでいるわけじゃないのにー

と悲しくなって・・・

というよりも、

私だって本音はトモくんとの性的な交渉を楽しみたい!と
思っているのに、そうなれない自分が嫌なんだよー

という思いが一番強かったな。。。

はーかれこれ何年、こう思い続けてきただろう・・・

*****

あー
どうにかしたいー
私の思考と本音のギャップをどうにかしたいー
誰か答えをくださーい!!!

私がそう思うようになったら
答えはあちこちからやってきた。

だけど、

昨日も書いたけれど、
「私はこの人と違うから・・・」という思考が
いつもいつも邪魔をしてどれもこれも受け入れられない。

あー
どうにかしたいー
私の思考と本音のギャップをどうにかしたいー
私が”納得できる”答えを誰かくださーい!!!

多分、
私は本気で、心の底から望んだんたと思う。

だから、やってきた。
私が納得できる答えに。。。

それがこの本!

「理想のパートナーと引き寄せの法則」

もうすがるように読みました 笑

で、読んだら、
私の心が本当に晴れた!!!

宇宙人が言っているんだから、これは信じられる!って。笑
私の頭の中にストーンとこの答えが入ってきた。

ーーーーー

あなたが性的な交渉はまちがっていると信じていて、
しかし性的な交渉を持とうと考えた場合、
そのときのネガティブな感情は性的な交渉が間違っていることを証拠立てているのではない。
そのときの自分や自分の行動に対する見解が、
「源(ソース)」のあなたに対する見方と調和していないことを示しているだけだ。

P216より引用

ーーーーー

ーーーーー

ネガティブな感情のほとんどは、
あなたがたの思考が間違っているからではなく、
「源(ソース)」が避難していないことをあなたがたが避難しているから生じる。
あなたがたの「源(ソース)」は愛であり、決して避難はしない。

P224より引用

ーーーーー

ーーーーー

調和した共同創造のシンボルとして、
性交渉による肉体的な結び付き以上のものはない

P227より引用

ーーーーー

ーーーーー

物質世界の存在であるあなたがたは、
「ソースエネルギー」つまり世界を創造しているエネルギーの延長だ。
時間をとってその純粋で前向きなエネルギーの周波数にしっかりと波長を合わせ、
それから芸術や愛の行為に関心を向ければ、
あなたは世界を創造するエネルギーが自分を通って流れていくのを経験する。
それが、あなたがとらえようとしているセ ックスの力だ。
素晴らしい性的体験とは実際の肉体的交渉というよりも、
自分の真の「創造的なエネルギーの流れ」との調和なのだよ。

P241より引用

ーーーーー

私の罪悪感も後ろめたさも
ネガティブな感情の全てが、
私が本当の私と調和がとれていなかったから、感じていたんだ。

本当の私が
感じるままに行動していいんだ。

もっと性的な交渉を受け入れていいんだ!!!
性的な交渉ってとっても素晴らしいことなんだ!!!

そう思えるようになってからの
初めての性的な交渉は、本当に最高だった。(♡ >ω< ♡)

そして、

本当に嬉しかった。
長年抱えていた課題から、
ようやく自分を解放することができたから。

何より、

トモくんが変わらずの愛をずっと私に注いでくれたことが本当にありがたくて。
トモくんがパートナーで本当によかった、と心から、心から思った。

*****

女性の魅力って、
恋をすると、
性的な交渉をするとググーンと上がると私は思っていて、

世の中にはかわいい子やきれいな人ってたくさんいるけれど、
愛のある性的な交渉をしている人としていない人とでは、
魅力度合いが全く違う!と思っています。

ツヤ感やらキラキラ感がもう半端なくて
眩しすぎるくらいだし、

私が求める女性の魅力ってこれこれー!!と思うわけです。

ちょっと余談だけど、

昔友達に、頭の上に色(オーラの色?)が見える子がいて、
当時の私は、水色だったんだけど、

トモくんと付き合って性的な交渉した次の日に会った時、
「ゆみこさん、今日、キラキラピンクだよー!!!どうしたの!!!!」
と驚かれたことがあって、

この経験からも
愛のある性的な交渉は、やっぱり女性を輝かせるんだなーと
思っていて。

だから私が目指すのは
このツヤ感キラキラ感たっぷりの魅力的な女性なのです♬

大きな枠が外れた今、
私はようやく自分の魅力を内側から醸し出せる人間になっていくのかもしれないなーと思えて、今、すっごく楽しみ!!

゚+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚

*****

それにしても、
エイブラハムには本当に感謝です!!

長年抱えていた課題が解決されたので、
また1つ心がラクになりました。

抵抗せずに、許容・可能に生きるということが、
こんなにもラクなんだーということを噛み締めています。

そして嬉しい!
自分がここまで変化できたことが♬

本当によかったなーと思っています。
何よりトモくんが喜んでるかも!(っていうか、驚いているか 笑)

ではー
今日は私の性的な交渉ネタにおつきあいいただきありがとうございます!

これまでの自分だったら
絶対に書いていないネタだから、
これもまた、私の心が自由になれた証拠かな、とも思っています。

新しい自分の誕生に乾杯 v(。・ω・。)ィェィ♪

素敵な夜を~

「瞑想CD:実験81日目」

POI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。