テーマは”家族”

この記事は3分で読めます

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い

ささやかな幸せが 木漏れ日のように
やわらかに降り注ぐ
そんな日々を描きながら・・・

いつの日も どんなときも

~コブクロ「永遠にともに」~

*****

2006年の11月、
コブクロファンの友達に、
「チケットがあるから一緒に行かない?」と
誘われたコンサートで、

私は初めて、この歌を知った。

この歌詞を聞いた時、
体中に衝撃が走った感覚は今でも覚えている。

「”共に・・・”
私はパートナーとこんな関係でありたいんだ!!!」

私が言葉にしたかったパートナーとの関係を
こんなに明確に表現している曲があるなんて!

コンサートの後、
すぐさま蔦谷に行ってCDを買った。

当時付き合っている人はいなかったけれど、
それからの私は、
この歌を何度も何度も聞きながら
将来のパートナーとの日々をイメージし続けた。

そして8カ月後、
私は一人の男性と出会った。

最初はさほど交流がなかったけれど、

ある時、
男性の名前が「”とも”ひと」だと知り、
私の中に再び衝撃が走ったことは今でも忘れない。

「私が求めていた運命のパートナーはこの人だ!!!」

スイッチが入った私は、
この後、凄い勢いで近づいていった(笑)

それが、トモくんだった(♡ >ω< ♡)

*****

トモくんと私、

これまで歩んできた道のりは
全く違ったものだったけれど、
(方や優等生、方やヤンキー (笑))

親との関係がお互いに似ていたので、
根底で感じている思いが一緒だった。

だからお互いがイメージする
「家族像」も一致した。

私が独身の頃からお世話になっていた
スピリチュアルカウンセラーのKさんから

ある時伝えられたメッセージ。

「あなたたち夫婦は
”共に”乗り越えることを目的としている。

二人はとても高いハードルを越えさせられることになっている。
それを”共に”乗り越えていく。

夫婦でしか伝えられないことを伝える人たち。

”共に”誰かを癒していくためのパートナー。」

・・・”共に”・・・

私がコブクロの曲に反応した言葉と
同じ言葉がそこにはあった。

*****

たぽちゃんが生まれて
私たちは家族3人になった。

IMG_1955

思えばこの7年、
私たち家族は、ずっと”共に”生きてきた。

どこに行くにも
何をするにも
何を決断するにも

「家族」が私たち夫婦の中にはいつもあった。

IMG_5887

自分のことも大切にしたい。
だけど家族のことだって大切にしたい。

自分にとってもよくて、
家族にとってもよくて、

その道は右なのか?左なのか?
それとも前なのか?後ろなのか?

どれだ??

60-1

その選択の狭間に
どれだけ心を揺らしてきただろう・・・

どれだけ苦しんできただろう・・・

「自分のことだけ考えていいんだとしたら、
どれだけラクなことか・・・
もう”家族”なんて・・・」

そう言い放ったトモくんを
私は何回見てきただろう・・・

でも・・・

それでも、

私たちが最後に選んだ道は、
いつも”家族”だった。

TEAM SATOU 2015

家族の在り方に
右往左往していた時、
スピリチュアルカウンセラーのKさんが
メッセージをくれた。

「あなた達夫婦のテーマは”家族”です。」

これまで何度も
問題にぶつかって、
物が飛び交う、
壁に穴があく夫婦ケンカを何度もやって

それでも
”家族”に向き合って方向性を見出し、、
私たちが望む”家族像”を描き続けてきた。

その結果、

私たちは、今、
”最幸の家族”を創造し続けることができている。

*****

今回の自分婚、
前日のインスピレーションから
トモくん、たぽちゃんの参加がオッケーになって、
私たちは、”家族写真”を撮影していただいたけれど、

今回、私は、確信した。

やっぱり”家族なんだ”と。

私が伝えていきたいテーマは”家族なんだ”と。

「私」は「私」でもあるんだけれど、
「私&トモくん&たぽちゃん」が「私」でもある

この感覚が起きたのは、

”家族”を発信することが、、
”私自身”をも発信することに繋がるからだ。

これからどんなふうに
この思いが繋がっていくのかわからないけれど、

エネルギーマスターとなりつつ、
”幸せ家族”を体現し、
再現性を持って人に伝え、
”幸せ家族”だらけにしたいо(ж>▽<)y ☆

*****

この写真、いいでしょう(*´ェ`*)
お気に入りの1枚。

私たちが積み上げてきたすべてが、
ここに集約されている気がしています☆

0105_xlarge

 

*****

「瞑想CD:実験188日目」

POI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。