男の可能性を広げられる女とは。。。

この記事は3分で読めます

先回の記事の続き。

*****

今回のことがあって、
私は初めてトモくんのことを
受け入れることができた。

トモくんは言った。

「今、俺も本当に安心した。
お金のこととかいろんなことが。
もう大丈夫って思った」と。

*****

トモくんはこれまで
ずっと満たされない思いを抱えていた。

仕事のこととか
その他諸々。

その状況を
傍で見ながら、
私はそれは”トモくんだけ”の問題だと思って見ていた。

だけど、
今回それは違った、と気づいた。

私がトモくんを信じきれなかった思いを、
そのエネルギーをトモくんも感じていたんだ、と。

この現実世界は、エネルギーだよね。

言葉でもなく、
思考でもなく、

それらに反応するエネルギー。

だから、
私が心の奥底で不信感を抱いていたなら、
どんなに愛を語っても、
伝わるのはその不信感のエネルギーなんだよ。

そのエネルギーを感じていたから、
トモくんはずっと私との関係においても
満たされない思いを感じていたのかもしれない。

そして、セ☆ックス。

私の性欲の満足度は30%だった、
って話は、この記事に書いたけど、

私が30%だったら、
トモくんも30%になるよね。

だって私には、
トモくんの100%を受け入れる度量がない。

で、

「男は女が好き」
「好みの子がいたらやりたい」

というのが本能なら、
男は常に満足度100%でありたいんじゃないか、と。

私から
不信感は抱かれているし、
男の本能も受け入れてもらえない。

こんな状況なら、
トモくんから衝撃の告白が出るのも、当然だよね。。。

あー、
トモくんの心も解放することができて、
本当によかったぁ╰(*´︶`*)╯♡

*****

怒涛の2日間だったけど、
過去から全てが繋がって、
私の中の固く閉ざされた扉が開き、
私の心がまた大きく解放された。

私はどんどん本当の自分に還っていく。

不思議だけれど、
今、私の心が本当に穏やかになった。

トモくんに対しても、
たぽちゃんに対しても、
「大好き」って思いが後から後から溢れ出てくる。

これまで感じたことないぐらいにたくさん。

「心が満たされている」
っていうのはこういうことなのかもしれない、

って思った。

今まではなんだったんだろう・・・
似非の満足感かもな。

*****

こんなことがあって、
斎藤一人さんの昔の話を思い出した。

”本当の成功脳”で話していること。
ざっくりだけど

ーーーーー
脳は3層構造になっていて、
一番下に「爬虫類脳」と言われるものがあって、
ここが本能を司る。

この本能の部分を動かさないと、
うまくいかないよ、って話で。

男の本能は「女が好き」
女の本能は「自分がきれいになりたい」

この本能の部分を認めて動かしてあげると、
いろんなことがうまくいく。

女はいい男とくっつくと綺麗になるようになっている。

どんなに立派なことを言っている男がいても、
隣にいる女(奥さん)が綺麗じゃなかったら、
大したことない。

(詳細はこちら
ーーーーー

”女はいい男とくっつくと綺麗になる”

ということは、

”その女は、男にとっても”いい女”でもある”ってこと。

つまりは、

”その女は、「男は女が好き」っていう本能をわかってる女”
でもあると思ったんだ。

だから”あげまん”になるんだろうな、と。
男の本能を満たせる女。

でね、

女ってさ、
結婚して母親になると、母親になりがち。
時には夫の母親にまでなってしまう。。。

でも、

男ってさ、
結婚して父親になっても、”男”なんだよね。
それが本能だから。

この夫の”男”の部分をなきものにして、
妻が”父親”としてしか受け入れないなら、
夫はそこで打ち止め。

この夫の”男”の部分を理解して
妻が”男”としても受け入れるなら、
夫の可能性はどんどん広がるんじゃないか、と。

でさ、

可能性が広がる男には、
可能性を広げられる女が必ずついている!とも思うんだ。

だから、
男の可能性を広げたかったら、
女は自分の欲を満たす!
「食欲」「睡眠欲」「性欲」の全てを!!

そんなことを思ったのでした(・ω・)b

*****

はるちゃん&源さんのイベントは
私に本当に大切な気づきをもたらしてくれましたー!!

参加して本当によかったо(ж>▽<)y ☆

ながーくなりましたが、
これで私の特大級の気づきは終わりです^^

最後までおつきあいいただき
ありがとうございました(。・ω・)ノ゙

素敵な週末をー☆☆

あっ、

私はすばらしい!
私はすごい!!v(。・ω・。)ィェィ♪

「瞑想CD:実験243日目」

POI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_3517
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。