the わたし育て。

この記事は3分で読めます

 

自己受容って、
私がわたし(本当の自分)を受け入れること。

 

何があっても
どんな私でも

 

それいいね!
それいいね!
それいいね!

 

って私が”わたし”に
声をかけてあげること。

 

でね、思うに、

 

自己受容は
幼少期の家庭環境が
大きく影響している。

 

子どもの私が
親や身近な大人に

 

何があっても
どんな私でも

 

それいいね!
それいいね!
それいいね!

 

って受け入れて
育てられた環境なら

 

自己受容の感覚は
当たり前のものとして
体にインストールされている。

 

逆に、
子どもの私が
親や身近な大人に

 

事あるごとに

 

それはダメ!
あれもダメ!
何度言ったらわかるの!
もうやめて!
あなたは本当にダメな子ね!

 

と否定して
育てられた環境なら

 

自己受容と言われても
全くその体感がわからない。

 

*****

 

もう一度書いてみる。

 

自己受容って、
私がわたし(本当の自分)を受けいれること。

 

で、親や身近な大人に
どんな自分も受け入れて
育ててもらった人は、
自己受容の感覚が当たり前の体感として
インストールされている

 

ということは…

 

自己受容の体感がわからない人は、

 

私が”わたし(本当の自分)”を
もう一度育て直したらいいんだと思った。

 

実の母親に代わって
私が”わたし”のママになる。

 

幼少期の私がママから言われたかった
言葉を、今の私を通して実現させる。

 

the わたし育て

 

私(思考)=ママ
わたし(本当の自分・ハート・魂)=子ども

 

つまりは、
”わたし(本当の自分)”の声は
幼少期の私の声。

 

その小さなわたしは
ママになんて答えて欲しかったんだろう?

 

その言葉を
私(ママ)が”わたし”に伝える。

 

*****

わたし:
ママ〜アイス食べたい!

私(ママ):
いいわよー

わたし:
ママ〜シングルじゃなくてダブルがいい!

私(ママ):
いいわよー

わたし:
わーい!ペロペロ♪

わたし:
ママ〜やっぱりもういらない

私(ママ):
いいわよー

わたし:
ママ〜アイス食べたらお腹が痛くなった

私(ママ):
あらあら冷えちゃたかしら?
お腹あっためようかな^^

 

↑ここの私(ママ)の部分
実の母親をここに位置付けたら
もっと違う言葉が出てこない?(笑)

 

*****

 

”わたし(本当の自分)”の声が
幼少期の私の声って書いたのは、

 

”わたし”の声って
とにかく短いから(笑)
5歳児レベルかなぁ。

 

そんな5歳児を育てる感覚の
「the わたし育て」

 

自分の親が
理想の親じゃなかったら、
私が”わたし”の理想の親になればいい

 

と突如納得できたから
今日はこの話を書いたよ(o^-‘)b

 

ちなみにこの話って

 

私=男性性
わたし=女性性

 

だったり、
ハピちゃんの「執事の話」
とも一緒だよ。

 

他にもいろんな言い方を
してる人がいると思うけれど、

 

みんなみんな
自分が一番しっくりくる言葉を使って
表現しているだけだから、

 

受け取る方も
自分が一番しっくりくる言葉を
採用してね〜♪

 

「the わたし育て」
気に入った方は
ぜひぜひ一緒にやろうねー♪

 

そして「the わたし育て」で
”わたし”との親子関係がスムーズになると
実際の子育てもとってもスムーズになるから
オススメだよ^^

 

☆友美子☆

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.

2月は個性學のイベントやるよー↓

【自分がわかる・他人がわかる
人間関係がシンプルになる学問のすすめ】

日時:
①2月 1日(金)13時半〜15時半頃
②2月13日(水)13時半〜15時半頃
③2月15日(金)13時半〜15時半頃
④2月26日(火)13時半〜15時半頃

場所:八王子生涯学習センター
(JR八王子駅・京王八王子駅近く)

参加費:1000円

募集人数:4名

申し込みはこちらから
「かぞく道 イベント」申し込み

 

詳細はこちらから
【募集開始】2月「自分がわかる 他人がわかる 学問のすすめ」

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

 

☆私の紹介はこちら☆
私、「miko」について。
活動ネーム変更しました^^
自分の名前に決めた!!

 

☆mikoのインスタo(^-^)o☆
https://www.instagram.com/mana_miko49/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

佐藤友美子