“わたし”が主人公の映画だった。

この記事は1分で読めます

 

八木さやちゃんのこのCD
届いた日から、毎日聴いてる。

祝福の庭~私が私を思い出す~

 

“今回のCDは
ヒーリングというより
瞑想です。”

 

↑確かに、瞑想かも!と思った。、

 

それも、
このCD聴きながら瞑想しよう!
っていうよりも

 

勝手に瞑想状態、というのか、
気づけば自分について考えてるし、
気づけば自分と対話してるし、
自分に深く寄り添ってる感があって、
本当に心地がいい。

 

神社に行ったり
教会に行ったり
神秘的な森の中だったり
海の中深く潜っていたり
はたまた宇宙に行ったり

 

あらゆる空間を
自由に羽ばたいてる感覚。

 

まるで、、映画を観ているよう(*´艸`*)

 

といつも思って聴いていたけど、
ふと思った。

 

あれ?
その映画って何の映画?
誰の映画?

 

 

って、私じゃんか!!!!

 

とこの記事読んで気づく。

 

そうかそうか、
私にスポットライトがあたるから
このCD聴いてると
映画を観ている感覚になるんだ

 

私の中に
私がまだ見たことのない
これまで見ようともしていなかった
繁栄のストーリーを感じているのかも。

 

ダイジェスト版を聞いた時には
この感覚は掴めなかった。
いろんな曲のいいとこどりが
逆に私の頭には混乱を招いてた。

 

このCD買ったら、
私、聞くのかな?とも思って、
購入を躊躇した。
(お金が無駄になる…的な)

 

でも、最初に欲しい!!
と思った感覚を大事にして手に入れたら、

 

これまで感じたことのない世界を
このCDを聞きながら体感させてもらってる。

 

なんだか本当にありがたい❤️

 

☆友美子☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。