私の役目。

この記事は2分で読めます

 

アマゾンプライムで
武井咲主演の「黒革の手帖」をみた。

 

その中の江口洋介演じる
安島のこのセリフがとても印象深くてね。

 

“君は大空に羽ばたいたつもりかもしれない。だけど君が思っていた大空は、小さな鳥籠の中だ。この銀座も国会も、全部鳥籠の中だ。鳥籠の中の和を乱したり、鳥籠の外に出ようとしたら、飼い主に必ず捕まる。場合によっては殺される。所詮俺たちは、飼い主に運命を握られた鳥籠の鳥だ”

 

っていうか、
そもそもなんでこの番組を見たかったんだろう?

 

と自分の選択が謎だったんだけど、
今朝のノート書きで、
その謎が解けた^ ^

 

******

 

今日は朝から珍しく
過去の自分の振り返り。
なんとなくやってみたくなった。

 

そしたら見えてきた。
私の役目、使命、ミッション。

 

私の役目は

 

意識改革
人の心に灯を灯す
スイッチを入れる

 

きっと、これだ。

 

自分の過去を振り返ってきたときに、
いろんな課題を意識を変えて乗り越えてきた。

 

ってか、むしろ
意識を変えないと乗り越えられなかった。

 

で、
その自分の体験(意識)を他人に語ることで、
他人の心にスイッチを入れてきた。

 

いつもいつも新しい環境になった時、
必ずと言っていいほど、
精神的に激しく落ち込んで、

 

そこから自分で
なんとかして道を切り開き
そこでの日々が楽しくなってきて、

 

このままそこに居続けてもいいのに、
そこでの楽しさを満喫したら、
その場を去るってことが
これまでのパターンだった。

 

で、
なんで精神的に
激しく落ち込むかって、
私の癖ですぐに
カゴの中の鳥になるから。

 

その方が安心で安泰で過ごせる
と思ってカゴの中に居座ろうとするんだけど、

 

やっぱり私には
カゴの中の生活が合わなくて、
だからそこから飛び出す。
自分の力で。

 

…で、
これまでは、その意識の力が
我流のものだったけど、

 

エイブラハム理論にであって
意識の力には宇宙の法則、宇宙の真理が
あることがわかった。

 

だったら
もう新しい環境で自らカゴの中に
入る必要ないし、
そもそもカゴなんてないし
いつでも自由に飛び回れるし
どこまでもいけるんだ!!

 

ってことがようやっとわかってきて、
これから自分自身も体現していくし、

 

自分の実践を通して
他人の意識にスイッチを入れることが
私の役目なんじゃないか、と思ったんだ。

 

テレビのセリフが印象深かったのは、
私は鳥かごの中の鳥で、
外に出たら殺されるって
私も昔は思っていたけど、

 

でもそれは真実ではないよ!!
って本当の自分(わたし)が反応したからだ。

 

 

なんてことを思い
朝から興奮してたψ(`∇´)ψ

 

これが本当に
私の役目かわからないけど、
今はそう思うからまずは備忘録^ ^

 

☆友美子☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。