人間関係の瞑想7:宇宙の無限のリソースを活用して人助け。

この記事は4分で読めます

はじめまして、mikoです☆ このブログにご縁をいただきましてありがとうございます!! このブログは、私mikoが2017年1月に引き寄せの法則 瞑想CDブック (引き寄せの法則シリーズ)に出会い その日から毎日瞑想CDを聞き続け、「CDを聞くだけでどんな変化が起こるのか?」 の実践を綴ったブログです。 これまで瞑想なんて、まったく続いたことがありませんでした。 そんな私が未だ、この瞑想CDを聴き続けることができているのは、 「寝落ち瞑想」もオッケーにしちゃったからです^^ そしたらなんと!!このCD聴きながらの寝落ち瞑想には 十分に効果があって、心のあり方が大きく変化し、自己受容できるようになりました!! CDを聞くだけで自己受容ができるなんて、なんて”簡単だ!! そう思いながら、今は自己受容の先に広がる世界に歩を進めています^^   “この瞑想CDが必要とされている人のところに届きますように♡そんな思いを込めて、日々活動してます^^

 

※この記事では「引き寄せの法則瞑想CDブック」の各単元に私なりの補足をつけてご紹介しています。関連記事はテーマ「エイブラハム瞑想CD補足編」にて検索できますよ^^

*****
人間関係の瞑想6:幸せはいつだって自分のヴォルテックスの中にある。
*****

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【人間関係の瞑想 7】

皆さんの助けなしに
相手が成功すると期待すれば、
皆さんは相手の「ソースと」同じ目で
相手を見ています。
相手には自分の助けが必要だと考え
弱点を補ってあげようとするのは、
相手を助けることにはなりません。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ーーーーー
皆さんが自分のヴォルテックスの中にいて、
自分の「内なる存在」と同調していれば、
相手の中に成功だけを見るようになります。
相手のなかに問題を発見するときには
いつでも、皆さんはヴォルテックスの外にいるし、
「ソース」が相手を見る見方と同調していないのです。
ーーーーー

 

ついつい、相手の中に
問題を発見してしまうよね。

 

特に子育てにおいては、
他の子と自分の子を比較して
何かと問題に感じてしまって…

 

でも、「問題」と捉えたら、
ママが苦しくなるだけで、
「この子はこの子なりに成長してる」
と思ったら、すごく気持ちがラクになって…

 

気づけば「問題」と思っていた
あれこれは解決している!なんてことはよくある話。

 

だから「問題」と思った時点で、
相手がずれている、というよりも
自分がずれている、と思った方がいい!と
私は理解してる。

 

ーーーーー
何かが欠けたり困ったりする状況に
ある誰かを見て嫌な気分になり、
その気分のままで相手を助けようとしても
結局はうまくいきません。
ーーーーー

 

↑こんな経験いっぱいあったなぁ…
でもこの時はなぜうまくいかないのか
わからず、一緒にいるのが苦しくなって
相手の前からフェードアウトした経験多々^^;

 

ーーーーー
それにはふたつの理由があります。
ひとつ目は、皆さんが「ソースエネルギー」
と同調しておらず、与えるべき真の価値を持っていないこと。
ふたつ目は、困った状況に関心を注ぐと、
その状況がますます拡大するだけだ、ということです。
ーーーーー

 

↑まさに、このふたつの理由そのものだった。
だって、どう考えても問題にしか
思えなかったもんね^^;そりゃぁ、
新たな視点を与えることができないわけだよね^^;

 

ーーーーー
もちろん人を助けるのは素晴らしいことですが、
その場合には力と同調という立場に立って
助けなくてはなりません。
相手の問題と同調するのではなく、
相手の成功と同調しつつ、助力を提供する必要があるのです。
ーーーーー

 

相手が本当に困っている時、
ついつい手を差し伸ばしたくなるけれど、

 

この手を差し伸ばすって、
相手を信頼していない行為なのかも、
と思うようになった。

 

相手は確かに辛いかもしれない。
だけどあの人なら絶対にこの状況を
乗り越えることができるはず!
私はそれを信じてる!!

 

そうやって、
相手を遠くから見守ること、
これがソースの視点だと思ってる。

 

ーーーーー
皆さんが同調という立場から助けようとしているのか、
それとも抵抗の立場にいるのかは、皆さんの感情で簡単にわかります。
相手の状況のせいで嫌な気分になり、
相手も自分もいい気分にしたくて助けようとするなら、
皆さんはヴォルテックスのなかにいないし、
相手の助けにもなれません。
ーーーーー

 

”相手の状況のせいで嫌な気分になり、
相手も自分もいい気分にしたくて助けようとするなら”

 

↑これ、ありがちだよね。
自分がいい気分になりたいから
相手をコントロールする。

 

でもこれだと、
いつまで立っても問題は解決しない。

 

ーーーーー
相手の幸せや成功のプロセスに参加したい
と思って、だからぜひ助力したいと考えるなら、
相手の成功に対する関心は皆さんの「ソース」の視点と一致します。
ですから、宇宙の無限のリソースを活用できます。
そうなってこそ、相手を助けることができるのです。
ーーーーー

 

私がソースの視点と一致すると、
宇宙の無限のリソースを活用して
相手を助けることができる!って
本当にすごい言葉だ!!!

 

私が見守る立場に徹することで、
宇宙のありとあらゆるサポートが得られるんだから、

 

断然、
相手の「問題」に同調するのではなく、
相手の「成功」に同調していたい!!

 

思えば、この話、
今まで相手ありきで書いてきたけれど、

 

自分に対しても同じことが言えるね。

 

自分に何か「問題」を感じて、
その問題をなくそうとするよりも、
”じゃぁ、どうなったらいい?”
”あなたらなきっとそうなれるよ!”
その視点で自分を見つめてあげる。

 

そしたらさ、宇宙の無限のリソースを
活用できちゃうよね♪

 

宇宙の無限のリソース、
どんどん活用しよう!!

 

→続きはこちら「人間関係の瞑想8」

POI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。