「伝える」ことが私のテーマ。

この記事は3分で読めます

 

生体ミネラル水が
我が家にやってきて、
「これ、広めたいー」
って思うようになって気づいたこと。

 

なんで、この生体ミネラル水が
私の手元にやってきたのかなぁ?って^^

 

*****

 

目の前に起こる出来事を、
ただただ、いい事、嫌な事としてだけで
受け止めるのではなく、

 

”なぜこれが起きたんだろう?”
と俯瞰して見れるようになったのは、

 

元彼と別れた2006年。
私の人生の第2ステージが始まってから。

 

どうして私にだけこんなことが起こるの?
どうして私はこんなに悲惨な人生なの?
どうしてあんなに頑張ってきたのに報われないの?

 

どうして?
どうして?
どうして?!!!!!

 

誰か教えてー!!!!

 

こうやって答えを求めて
辿り着いた世界でわかったことは

 

全てに意味があった
全ては私の学びとして起こっていた

 

ってこと。

 

それからの私は、
起こる出来事をよく俯瞰するようになった。

 

エネルギーの法則を知ってからは、
この法則とも絡めて物事を見てる。

 

・・・で、
今回気づいたこと。

 

私、人生の第2章が始まってから
ずっと「伝える」ってことを
テーマに動いてきてた。

 

で、何を伝えてきたかって、
2つあって、それが

 

①考え方を変えたら
人生うまくいくよ!

②食べるものを変えたら
人生うまくいくよ!

 

ってことだった。

 

第1章の私の人生の
うまくいかないあれこれが
全て私の考え方にあったとわかったから、

 

そして考え方を変えようにも
そもそも体が元気じゃないと難しいってわかったから、

 

だったら、
「考え方」と「体」はセットで
アプローチしていったらいいじゃん!!

 

ってところに行き着いて、
私が純粋にこれいい!!って”考え方”と
私が純粋にこれいい!!って思う”食”を
これまでずっと実践を通じて
模索し続けてきてたんだな、と気づいた。

 

・・・で”考え方”については、
「エネルギーの法則」と「自己受容」という
ベースを見つけていて…

 

さてさて”食”って何かないかなぁ?
ってアンテナ立て続けた結果
生体ミネラル水が私の手元にやってきた。

 

私が生体ミネラル水に
これだけ惚れ込むのも
”これだー!!!”っていう感覚が
私の中に沸き起こっているからで、

 

その感覚の理由付けは、
掘り起こせばあれこれと出てくるけれど、
何よりまず「体」が反応した。
だからこれなんだと思ってる

(o^-‘)b

 

*****

 

「伝える」ことが
私のテーマだとわかったら、

 

もう自信持って
ガンガン伝えていこうと思ったよ。

 

エネルギーの法則も
自己受容の大切さも
生体ミネラル水のことも(・∀・)b

 

私ね、この3本柱で持って、
私とご縁ある人と一緒に
幸せの渦をどんどん作り出していきたいな、
コミュニティを作っていきたいなぁ、
って思ってるんだ。

 

まだ漠然としか見えていないけど、
そんなことを思う今日この頃でしたー♪

 

私がおすすめの生体ミネラル水
サンプルが無料で申し込めるから、
(2019年7月25日まで)
ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね〜
希望の命水サンプル申し込みページ

 

*紹介者名にブログ名の「かぞく道」と書いても
私から何か連絡いくとかないからご安心を^^
あと会社からの勧誘もありません。(私もない)
・・・っていうか逆に連絡欲しかったら、
問い合わせ欄にメッセージくださいませ〜^^

 

「生体ミネラル水生活:実践18日目」

 

☆友美子☆

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.

◇私がおすすめする生体ミネラル水
希望の命水 – JEShttps://www.j-smc.co.jp/meisui.html

 

◇私が出会ったきっかけはこちらから
(その1)人生が変わる?かもしれないお水、見つけました!
(その2)人生が変わる?かもしれないお水、見つけました!

※そのほか、テーマを「希望の命水」にて検索してみてね^^

 

◇ただいま「無料サンプル」でお試しできるよ。
飲料用とお風呂用(←これがまたいい!)
興味ある方はポチってみてくださいね^^
(2019年7月25日まで)
希望の命水サンプル申し込みページ

 

◇かぞく道(友美子)への問い合わせはこちら↓
https://ws.formzu.net/fgen/S11123917/

24時間以内に返信がない場合は
その旨コメントいただけるとありがたいですm(_ _)m

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。