対「人」でも、直感で動いていい。

この記事は3分で読めます

 

今日は個人セッションの話。

【募集開始】個人セッションのお知らせ。

 

自分が何かを仕掛ける時、
それは自分目線になりがち。

 

↑これ、当たり前だと思うよね。
でもね、やってる当の本人は、
全然当たり前だと思っていなかった…

 

ってことが
前回のセッション募集で
よーくわかったんだ。

 

*****

 

前回のセッション、
何が一番驚いたかって、

 

たまたま私のブログに辿り着いた方が、
たまたまセッションの内容に
ピンときて申し込んでくださった。

 

↑ここね

 

いや、私ね、
自分がセッションを受ける立場なら、

 

まず、
自分がよく知っている人じゃないと
申し込まないな、と思ったの。

 

例えば
(今回のクライアントAさんのように)
たまたまブログにたどり着いたら、
個人セッションの募集をしていて
その内容にピンときた、とする。

 

でもピンと来たんだけど、
その人が日々どんな発信をされているのか、
一通り目を通すと思うの。

 

それはなぜか?って
この人は信頼できる人なのだろうか?とか
この人は私が求めてる答えを
導いてくれる人なのだろうか?とか
この人との時間は意味があるのだろうか?と
あれこれ考えるから。
(・・・で結局申し込まない)

 

でね、この内容↑だけ見ると
もっともらしい話に思えるでしょ。

 

でもね、違ったんだよ。
この内容は
私の上部だけの思いでしかなかった。
その根底にはこんな思いが潜んでいたよ。

 

怒られたくない。

 

何?あなた?!
普段の私の発信、
ちゃんと読んでるの?
ちゃんと読んでいたら、
そんな質問しないよね。
読んでもいないのに、
全然実践してないのに、
申し込んで来ないでよ!!

 

って怒られたらどうしよう…
って思っていたから、
ピンと来る事があっても
行動に移せなかったんだ。

 

だから、今回の申し込みは、
とてもとても驚いた。
ドキッっとしたの。

 

えっ、そんな簡単に
申し込んじゃってもいいんだ
ってね。

 

私が当たり前のように
”自分目線”だと認識していたら
全然驚かなかった、と思うんだよね。
あー、そういうパターンもありだね〜
って思えたんじゃないかな。

 

それから自分の枠って、
こうやって他人が簡単に
壊してくれるんだな、とも思ったよ。
枠を壊しても大丈夫!って教えてくれる。

 

Aさん、
私のブログは普段読んでいないけれど、
的を得た話ばかりだったし、
とても通じるものがあったんだ。
そして本当にこのご縁を
喜んんでくださっていた。
私もとても嬉しかった。

 

ということは何かって、

 

直感はあてになる!
もっと直感に従って
行動してもいい!

 

ってことよね。

 

私のエネルギーに共鳴して
私の世界は創られているから、
私にとってとんでもないことが
起きるはずがないんだよ。

それは私が
仕掛ける側でも受け取る側でも。

 

対「人」だとここは
とても躊躇してしまうけれど、
これからはもっとラクに超えていこう!!
ということだな、と

 

・・・ということで!
私のセッションにピンと来た方、
臆せず申し込んでくださいね〜

 

私の発信を普段から
読んでくれていたら
それはとても嬉しいけれど、

 

”ピンときた”

この理由でご縁もらえたら、
それも私はとっても嬉しいです!!

 

******

◆個人セッションやります!◆

専門は自己受容です。

*5名募集
*時間:約60分
*料金:1000円
(事前振込)
*Zoomのオンラインセッションのみ
(音声通話でやります)
*日程・時間は要相談

お申し込みはこちらから

 

******

 

『33』

私の好きな数字。
と思っていたら、
最近遭遇率高し^^

 

佐藤友美子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。