5日目:抵抗の思考の習慣化をやめる。

この記事は1分で読めます

抵抗の思考
抵抗の思考
抵抗の思考

 

抵抗の思考に意識を向けると、
実はこの抵抗の思考に
「よく」モヤッとしていた事に気づく。

 

しかも、無意識に。

 

昨日、先生からメールが届いた。
来週、算数の授業で
子ども達の理解を深めるために、
海苔巻きを作るとのこと。
お手伝いには◯◯さんと◯◯さんが入ってくれる、と。

 

なんの事はない文章。
「へ〜」って思いながら読んだ。

 

…と思っていた。

 

でも、あとで気づいた。
私、この時こんなこと思っていた。

 

どうせ、私、
料理上手じゃないし、
ましてや海苔巻きなんてうまく作れないし、
こんなお手伝いできないよ。
あの二人はすごいな…
私にはなんの取り柄もないや…

 

↑えっポーン
何、この自分責め?!
自己否定?!
誰もそんなこと言ってないし。
何の取り柄もない、っておいおい?!

 

しかも、これ、
ほぼ無意識に思っていたから
このメール読んで
自己否定してる自分がいるなんて
これっぽちも思わなかった。

 

抵抗の思考、恐ろしや〜ゲッソリ

 

私はこうやって、
いつも自分にダメだししている…ようだ…

 

あまりに無意識すぎて
気づいていない…
むしろ習慣化してた…よう。

 

だから、
この習慣化をやめよう。

 

では、次気づいた時、どうする?

 

深呼吸してみよう。
抵抗の思考を止めるには、
まず呼吸に意識を集中すること。
本当の自分と調和すること。

 

本当の自分は
どんな私も全肯定、全評価。
この流れに乗ればいい。

 

これがエイブラハムの教え。
今日も実践^ ^

 

佐藤友美子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 11.13

    以上、マル!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。